Google for Jobsレポート2020

ドイツで「Google for Jobs」にアクセスできるようになって2年目が終わりました。これを機に、2020年に向けた年次報告書をまとめました。本レポートでは、「Google for Jobs」とその利用について得られたデータとインサイトを掲載しています。私たちは、求人広告の検索行動を分析し、どのような求人広告が最も効果的なのか、求人広告を掲載することが最も理にかなっているのはいつなのかを調べました。さらに、「Google for Jobs」の活用方法を改善するための貴重なヒントが掲載されています。

ここでは、「Google for Jobs Report 2020」をPDFでダウンロードできます。

基本

データ収集

本レポートでは、15,000件の求人広告を無作為に抽出し、当社のデータベースとGoogle Search Consoleツールの情報を用いて分析を行いました。このツールは、検索行動、インプレッション(求人広告が表示された回数)、クリック(各求人広告の応募ボタンがクリックされた回数)の情報を提供します。データ収集は過去12ヶ月間(2020.12.31時点)に限定されます。

求人広告の構成と見せ方

まず、「Google for Jobs」で求人広告を見やすく表示するためには、どのくらいの大きさが必要なのかを考えてみました。そのために、タイトルの長さと説明文の長さ、そしてこれらがGoogleの検索ページ、Google for Jobs in detail、モバイルデバイス上でどのように表示されるかについての情報を収集しました。

Googleで求人情報を検索すると、Google for Jobs全体がすぐに表示されるわけではなく、Googleの検索ページに小さなウィンドウが表示されるだけです。これを「ウィジェット」と呼びます。このウィジェットでは、最初に3つの求人広告が表示され、さらに他の広告へのリンクが表示されます。職種、勤務地、会社名、求人広告の内容などがわかります。広告をクリックすると、まず約260文字の説明文が表示されます。

今、「Google for Jobs」を開くと、その求人広告が詳細に表示され、横に見える他の求人広告も表示されています。

ページ上のプレビューで職種名が完全に表示され、切れないようにするため、文字数は70を超えないようにしてください。ただし、これはPCでのプレゼンテーションにのみ適用されます。モバイル端末でGoogle for Jobsを開くと、タイトルはすでに50文字でカットされています。

Tip!タイトルは、どのデバイスでも読みやすいように、できるだけ短く、簡潔にしてください。それができない場合は、最も重要な情報が最初にくるように職種を設定します。

タイトルの書き方と同じくらい重要なのが、性別の取り扱いです。多くの企業が、男女共同参画を実現するためには、どのような職種にすべきかを問いかけています。そのため、例えば看護師の代わりにPflegekraftと呼ぶなど、中立的な表現を心がけることができます。もちろん、すべての職種で可能というわけではありませんが、(m/f/d)という言葉があります。これは、男女差別を防ぐために、すべての職種に存在すべきものです。

説明文の長さに制限はありませんが、約700文字から「もっと詳しく」というボタンが表示されます。つまり、応募者の注意を引くためには、最も重要で興味深い情報を最初の700文字に含める必要があります。モバイル端末では、トップビューの文字数が約450文字に制限されます。

サンプルの評価

この点について当社の投稿を評価したところ、タイトルの長さは平均して37文字であることがわかりました。最も短いタイトルでも7文字しかなく、最も長いものでも159文字です。

説明文の長さを見てみると、平均は2332文字。最も短いもので21文字、最も長いもので16024文字しかありません。

インプレッション数とクリック数の比率

Google Search Consoleでは、求人広告の閲覧数(インプレッション数)や、応募ページがさらにクリックされた回数などがわかります。しかし、これらはお互いにどのように関係しているのでしょうか?その関係は、いわゆるCTR(Click Through Rate)で判断されます。これは、インプレッション数に対するクリック数の割合を示すものです。

評価

当社のデータ分析によると、このCRTは平均で6%です。これは、インプレッションの約6%が、次の応募ページでのクリックにつながったことを意味します。

調査結果

しかし、なぜこの率が低いのか。

多くの場合、必要な情報はすでにGoogle for Jobsの求人広告に含まれているため、応募者が応募ポータルを開く必要は基本的にはありません。本当に応募したいと思った人だけがクリックします。これは、他の分野でも見られるように、ユーザーが検索エンジンから離れずに済むように、できるだけ多くの情報を直接表示するというGoogleの戦略に沿ったものです。

デバイスの検索動作

ここでは、デバイスごとにどのような検索行動の違いがあったのかを紹介します。

そのため、データ分析では、コンピューター、モバイル機器、タブレットを区別しています。

過去1年間の総インプレッション数とクリック数の割合分布を評価しました。

評価

調査結果

これは、仕事を探すのに最も使われているのがモバイル端末であり、最もクリックされているのもモバイル端末であることを示しています。仕事を探すときに最もよく使わないのはタブレット端末。これは、Google for Jobsが、パソコンよりも携帯電話を好む若い人たちを中心に利用されているからだと考えられます。また、一般的に携帯電話は時間がなくても使うことが多いので、結果的にインプレッションが多くなります。

ヒントまた、検索は主に携帯電話で行われるため、求人広告のフォーマットも携帯電話でよく表示されるようにしましょう。

時系列での検索行動

1週間以内の検索行動

1週間で見ると、週の初め、特に月曜日に検索クエリが増えていることがわかります。その後、継続的に減少し、土曜日に最低値を記録し、日曜日に再びゆっくりと増加に転じるのが一般的です。これは、土日に仕事をしている人がほとんどいないことと、ほとんどの応募者が迅速な回答を得るために翌週の初めにしか応募書類を送らないことに起因していると考えられます。また、求職者が不満を持って勤務時間中に次の仕事を探しているという理由も考えられます。

1年以内の検索行動

過去12ヶ月間の検索行動を観察したところ、インプレッションは冬の時期に強く増加し、クリスマス時期に減少し、年明けに再び増加することがわかりました。その理由としては、年明けに心機一転、新しい仕事に応募しようとする人が増えていることが考えられます。また、2020年の夏にも増加しており、スクールリーバーの就職活動が活発化していることが考えられます。

それでも、CTRはほとんど変わりません。平均して5~6%にとどまっています。つまり、クリック数はインプレッション数に比例して増加しますが、インプレッション数を超えることはありません。また、今年の進路は、レポートの最後に再度取り上げますが、コロナ・クライシスの影響を強く受けています。

ヒント適切なタイミングで求人広告を掲載することができます。冬の間は転職者をターゲットにし、夏の間は学校を卒業した人が実習先を探しています。

検索キーワードの差別化

データ分析の結果、ほとんどの検索クエリにはパターンが識別できることがわかっています。これらのパターンは、クエリで何が検索されているかを示しています。検索クエリの分析により、以下のようなパターンが確認できました。

  • 会社名で検索

  • 勤務地から探す

  • 職種・職位で探す

  • 雇用形態から探す

1000件の検索クエリを分析し、これらのパターンを調べました。

評価

(この表は、いくつかの検索変数を含む検索クエリがあるため、100%にはなりません)。)

Finding

この表から、検索キーワードの多くは勤務地を含んでおり、ミニジョブや学生ジョブが多く検索されていることがわかります。役職名での検索は少なかった。また、この表から、多くの若者が「Google for Jobs」を利用していることがわかります。これは、パートタイムの仕事や見習いの仕事を好んで検索し、仕事の場所を重視しているためです。

Tip!Google for Jobsでは、必ず雇用形態と勤務地を入力してください(入力欄があります)。

求人広告のパフォーマンスについて

今回のレポートでもう一つ注目したのは、求人広告のパフォーマンスです。つまり、どの求人広告が最もクリックされているかということです。

職種別パフォーマンス

そのために、まず、異なる雇用形態のデータを分析しました。雇用形態は、フルタイム、パートタイム、インターン、ボランティア、派遣に分類されました。各カテゴリーでは、クリック数を既存の求人数で割って、それぞれのカテゴリーの求人が平均何クリックされたかを記録しました。

評価ではまず、仕事の相対的な分布を示します。2つ目の表は、最悪のカテゴリーである派遣社員の仕事に関するパフォーマンスを示しています。

評価

仕事の相対的な分布

相対的なパフォーマンス

Finding

インターンのカテゴリーが最も高い性能を持っています。表を見ると、インターンのカテゴリーは派遣社員のカテゴリーよりも8倍もクリックされていることがわかります。

これは、インターン生がまだ通常の求人情報サイトに登録しておらず、主にGoogleを使って求人情報を検索しているため、価値が非常に高くなっているのだと考えられます。フルタイムのカテゴリーは、多くの大人の応募者がGoogle for Jobs以外にも他のジョブボードを利用しているため、値が低くなる傾向にあります。また、パートタイムの方がフルタイムよりもはるかに良い結果を出しているのも特徴的です。

Tip!可能であれば、求人広告にはフルタイムに加えてパートタイムも表示した方が、1件あたりのクリック数が3倍になります。

部門別パフォーマンス

2回目のパフォーマンス分析では、異なるビジネス分野を分類しました。インターネット、教育、エンジニアリング、健康、薬局、建築、コンサルティング、エネルギー、法律、マーケティング、観光、交通など。それぞれのカテゴリーについて、クリック数を求人数で再び割りました。

最初の表は、仕事の相対的な分布を示しています。2つ目の表は、最悪のカテゴリーであるエンジニアリングの仕事に関連したパフォーマンスを示しています。

評価

仕事の相対的な分布

相対的なパフォーマンス

Finding

薬局部門が最も高いパフォーマンスを示しています。ある求人では、エンジニアカテゴリーの求人広告の約8倍のクリック数があります。また、この表では、「健康」と「建築」、そして「インターネット」と「マーケティング」のカテゴリーが平均以上のパフォーマンスを示しています。TourismとLawはあまり良い結果ではありません。

Google for Jobsでのポジション別パフォーマンス

この分析では、クリック数とGoogle for Jobsでの求人広告の掲載位置に相関関係があるかどうかを調べました。

調査結果

この性能については、相関関係が確立できなかったため、推測するしかありません。位置が悪い求人広告も多くのクリックを得ており、逆に位置が良い求人広告は必ずしも多くのクリックを得ていないことがわかります。これは、人が探している職業分野に依存する可能性があります。例えば、医療分野では、さまざまなプロバイダーや企業から何千もの求人広告が出されています。そこには多くの競争があり、また、潜在的な応募者の数も多い。そのため、あまりポジションが高くなくても、フォーマットが魅力的な求人もよくクリックされます。非常に特殊な職業や珍しい職業を探している場合、選択肢はそれほど多くなく、求人広告は自動的に上位に配置され、応募者が少ないために多くのクリックを得ることができません。また、検索キーワードが漠然としすぎていて、上位に表示される結果が目的のものになっていない可能性もあります。

Tip!会社のロゴを追加し、求人広告は魅力的で真面目なフォーマットにしましょう。情報量が多いほど良いです。

求人広告数によるパフォーマンス

前回、求人広告のパフォーマンスをテーマにした分析では、企業が複数の求人広告を掲載した場合、クリック数に違いが出るかどうかを調べました。

調査結果

今回の分析でも、相関は見られませんでした。仕事が多い会社と少ない会社では、同じような結果になりました。したがって、ここでも仮定の話しかできません。これは、企業の求人広告が職種ごとに表示されていることが原因と考えられます。応募者は通常、1つの分野でしか検索しないため、企業の他の求人広告はそれぞれの応募者にとって興味のないものであり、したがって表示も考慮もされません。また、求人広告の見せ方にもよります。応募者にとって魅力的であれば、クリックしてくれる可能性が高くなります。また、応募者の中には大企業を好む人もいれば、小企業を好む人もいます。

したがって、多くの求人広告を出している大企業の方が有利であるという仮説は、今回の評価では確認できませんでした。大企業も中小企業も同じようにチャンスがあるようです。

検索行動に対するコロナの効果

コロナ・パンデミックが検索行動に与えた影響については、明確なデータ評価はありません。Google for Jobsがドイツで開始されたのは2019年半ばのことなので、今年との正確な比較はできない。とはいえ、コロナによる異常の可能性を考慮して、今年の経過をまとめてみました。

コロナ・パンデミックの初期には、インプレッション数が大幅に減少し、それに伴い検索クエリも減少したことがわかります。3月中旬に最初のロックダウンが発表されて以来、インプレッション数とクリック数が急激に減少しました。徐々にロックダウンが解除された夏に向けて増加していきました。インプレッション数とクリック数のピークは、パンデミックの影響で多くの人が仕事を失った8月に訪れました。その後、さらに減少しましたが、インプレッション数とクリック数は冬の間、一貫して上限値を維持しました。

結論

本レポートでは、SEO for Jobsの専門家の視点から、2020年のGoogle for Jobsについて考察しています。さまざまな変数を考慮した求人広告のパフォーマンス、コロナパンデミックの影響、時系列での検索行動、さまざまなデバイスからの検索行動に関する洞察を提供し、どのコンテンツが検索クエリで最も使用されたかを示します。これらのデータ分析に基づき、Google for Jobsの利用を最適化するのに役立ついくつかの貴重なヒントを得ることができました。

2020年のアニュアルレポートに関するご質問は、SEO for Jobsチームまでお寄せください。

著者:SEO for Jobs編集部
掲載 07.05.2021
更新日 06.08.2021
その他の記事 ...
Google for Jobsを試してみませんか?今すぐ無料でアカウントを作成してください。

義務のない相談

Google for Jobsに求人広告を掲載し、その可能性を最大限に活用するためのアドバイスやサポートを行っています。

パトリック・シュミット
Googleジョブズエキスパート
今すぐ拘束力のないアドバイスを受けるまた、簡単なメッセージを書いていただければ、折り返しお電話させていただきます。
コールバックの依頼
すべてのデータは暗号化されて送信されます。

それが功を奏した。

遅くとも までにはお返事を差し上げます。 +1 (805) 3247981リーチ可能です。

登録は無料です。

今すぐ無料アカウントを作成して、義務のない最初の求人広告を作成しましょう。

パトリック・シュミット
Googleジョブズエキスパート
今すぐ拘束力のないコンサルティングを受ける
登録は無料です。
すべてのデータは暗号化されて送信されます。

無料でチェック

あなたの求人広告がGoogle for Jobsに対応しているかどうかを数秒で確認できます。

おめでとうございます。あなたはすでに、Google for Jobsのための優れた準備をしています。
今すぐチェック
すべてのデータは暗号化されて送信されます。

テスト結果

プレビューが読み込まれました ...
結果発表
アクセシビリティ
いいスタートが切れました。あなたの求人広告は、 秒のロードタイムで簡単にアクセスできます。
アクセシビリティ
リンク 、アクセスできませんので、ご確認ください。
読みやすい内容
基礎ができている。求人広告の内容は機械で読めるものです。
読みやすい内容
残念ながら、リンク先にアクセスできないため、内容が読めるかどうかは確認できませんでした。
Google for Jobsの準備
おめでとうございます - 求人広告のスキーマデータが利用できます。これにより、Google for Jobsは求人広告を掲載することができます。
Google for Jobsの準備
あなたの求人広告は、Google for Jobsに対応していません。用意する
Google for Jobsの準備
リンクが利用できないため、一致するスキーマデータがあるかどうかを確認できませんでした。
ジョブシーカーが利用可能
いいスタートが切れました。"" の求人広告は、Google for Jobsで興味を持った人が積極的に検索しています。
出版可能
"に求人広告を掲載することが可能です。
今すぐ登録
今すぐアカウントを作成すると、すべてのパッケージが10%オフになります。そうすれば、Google for Jobsの可能性を最大限に生かすことができます。
' バック
すべてのデータは暗号化されて送信されます。
無料の雇用者プロフィール
今すぐ、義務もなく、無料であなたの雇用者プロフィールを作成してください。
次へ ...